キャッシングの法規制リフォームについて

キャッシングには、色々な法規制が定められていますが、その代表的なのが総量規制です。

しかし、この総量規制の対象外になっていることがいくつかあります。
代表的なのは、貸金業にならない銀行のローンや信販会社のクレジットカードの買い物は対象外になります。
ただ、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になります。

また、担保のある住宅ローンやリフォームローン、マイカーローンなども対象外になります。
他にも、有価証券や自宅以外の不動産が担保でもこの対象になります。

返済が確実な貸付として、不動産の売却代金で返済を行うローンも対象外になり、これには借入金額が売却金額を上回らないことや、不動産を売却することで生活の困窮を招かないなどの条件が必用になります。
また、法人へのローンや、NPOバンクなども対象外になっています。

通常のカードローン会社のキャッシングは、使用目的も決まっていないので住宅のリフォームにも利用することが出来ます。